組合講習会「認知症サポーター養成講座」開催 | 活動報告(公益社団法人 岐阜県柔道整復師会)

新着情報

組合講習会「認知症サポーター養成講座」開催

2016年2月26日

平成28年2月14日(日)接骨会館3階、大会議室において10:00から10:30まで「介護保険法改正と地域包括ケアシステム構築について」 岐阜県健康福祉部高齢福祉課介護保険者係 係長 丹羽 由香里 様を講師に迎え講演がありました。
平成27年改正のポイントと目指す方向、地域包括ケアシステムの解説と事業所の役割に等について話されました。
次いで10:30~12:00迄「認知症サポーター養成講座}を講師に岐阜市包括支援センター南部主任介護支援専門員 入学 佳宏 様 を迎え養成講座が行われました。
認知症の人に対する基本姿勢は、3つの「ない」1、驚かせない。2、急がせない。3自尊心を傷つけない。ということを守ることと、具体的な対応の7つのポイント 1、まずは見守る。2、余裕をもって対応。3、声をかけるときは1人で。4.後ろから声をかけない。5、相手に目線を合わせて優しい口調で。6、穏やかに、はっきりした話し方で。7、相手の言葉に耳を傾けてゆっくり対応する。ということを心がける必要があります。
接骨院の仕事においても重要な情報ばかりでした。

会場風景
杉江理事長あいさつ
丹羽由香里様
入学佳宏様
  組合講習会「認知症サポーター養成講座」開催