新着情報

特別講演開催される

2008年5月18日

平成20年5月18日に行われた第1回総会終了後に、日本尊厳死協会副理事長・国民健康保険等柔道整復療養費審査委員・前医療指導官 荒川 迪生先生による、特別講演「リビング・ウイル(書面による生前の意思表示)に対する考え方」がありました。
この講演は、生命末期に対する延命治療に対して、生きている元気な時に自分の意思を決めておいて、それを尊重して下さい。と死んだ後に効力を発生するのでは無く、生きている本人の、生きた遺言書について少し考えてみましょう。と言った内容の講演が行われました。

広報部員 森 貴久
  特別講演開催される