柔整学術研究会開催 | 活動報告(公益社団法人 岐阜県柔道整復師会)

新着情報

柔整学術研究会開催

2013年4月7日

柔整学術研究会開催

平成25年3月24日(日)10時から接骨師会館3Fにおいて柔整学術研究会勉強会が開催され44名の会員が参加されました。

<研究発表>
「肘外側部の痛みについて」
            熊崎 慎也研究員
「亜急性腰部周囲筋挫傷が急性腰部捻挫を引き起こすメカニズムについて -調査表の報告とその一考察-」
            堀  睦直研究員
「急性・亜急性損傷と原因の一考察 ②」
            杉江 拓郎研究員

杉江研究員による発表は、昨年9月行われた「健康保険組合連合会岐阜連合会との打合せ会」において本会から提出された資料をベースに新たに内容が加えられたものであり、後半はパネルディスカッション形式の質疑応答が行われ、「肘外側部痛に対する先生方の施術方法を教えていただきたい」との質問に対してはパネラーからの回答に加え、会場の出席者からも各院における独自の施術法や理論が紹介され閉会となりました。

  柔整学術研究会開催